CocoA トリミング

施術中の事故についてのお知らせ

平成26年8月10日(日)18時30分頃、当店にて施術中のM様の愛犬「モモ」ちゃんの左耳にハサミでケガをさせてしまいました。お客様からのご要望もあり、また当店の方針としても、ネガティブな情報も隠す事なくお見せしたいとの思いから、今回頂戴したご意見を公表させていただきます。

「もも」ちゃん ♂ 外傷部位:耳

今日、モモとゆずをお願いした者です。
オスのモモの耳を切ってしまったとお店から電話があり、頭が真っ白になりました。
急いで駆けつけたところ、手術中との事で、祈る思いで待っていたところ、痛々しい
姿でモモが処置室から運ばれて来て、涙が止まりませんでした。7針も縫ったとのことで、傷口を見る度、胸が痛みます。
傷口に関しては、もうくっつかないかもしれないと言われました。
縫う前の写真を頂きましたが、ザックリと耳が切れてしまっていて、電話で伺っていたお話より、深く切れていました。
今もモモは元気が無く、心配になっています。
モモのトリミング代はサービスして下さいましたが、ゆずのトリミング代のお支払いの際、毛玉代はサービスさせて頂きます!と恩着せがましく言われ、正直嫌な気持ちになり、その様な言われ方をする位ならお支払いしたかったです。
ここのトリミングサロンはもう利用しません。
アクセス数No.1と詠っていますが、疑問を感じます。
このコメントも、削除されてしまうのでしょうか?
今日の分のブログに、モモの事はなかったかの様に載せて頂けないのでしょうか?
モモはとても怖がりです。きっと、とても痛かったことでしょう。
どのような状況で切ってしまったなのか等、説明は一切なく、不信感を抱きました。
病院代、駐車場代等のお金の話ばかりでした。
お金の件も大事かもしれませんが、まずはモモについて知りたかったです。
どのような状況でそうなってしまったのか、いつ説明をして頂けるのでしょうか?
疑問ばかりです。

あまりない事とは思いますが、皆様もご利用の際はお気をつけ下さい。

反省と今後の対応について

お客様からのご指摘の通り、初動にて事故の経緯や状況報告が不足していました事、また何よりケガをさせてしまったモモちゃん、飼主様のお気持ちに寄り添えなかった事を深く反省しております。その上で、今回の一件で、素直なご意見を寄せて頂きましたM様には心より感謝申し上げます。この事を機に初心に立ち返り、更なるサービスの向上を目指して参る所存です。
 平成26年8月18日
 有限会社ミュトス 代表取締役 古川正男

“前のページに戻る”